今まで何度も禁煙に失敗している方に必見の禁煙方法をご紹介します。喫煙は決して健康にはよくありません。こちらではタバコによる健康被害などをご紹介していきますので、禁煙できるように頑張りましょう。

女性の妊娠出産と喫煙について

喫煙をするとその害は、ふつう癌くらいに思い、若い女性ははるか先の問題と考えて、自分の健康に与える影響について関心を持たない人が多くいます。
日本で女性に喫煙が増えたのは、1987年輸入たばこの関税が外され、海外の煙草が手に入りやすくなったことや女性の社会参加の増加で、女性が煙草を吸うことに意味を見出すようになったからです。したがって日本では若い女性に煙草を吸う人が多いのです。
しかし、女性の喫煙は妊娠出産などの子孫の再生産に大きな影響を及ぼします。
まず、妊娠をする能力の低下があります。出産を希望している場合は、このことからも禁煙をする事を考えるべきです。
さらに、妊娠中の喫煙は、たばこのニコチンが胎盤をとおして胎児に影響を与えますので、早期破水や前置胎盤や胎盤異常の原因となりますし、早産や妊娠期間の短縮が起きたり、胎児の成長が制限されて、低体重児が増える可能性が大きくなります。
健康な赤ちゃんの出産にはよくない影響がいろいろと起きるのです。
その他女性の喫煙に関系があると言われるのは、子宮外妊娠や自然流産や口蓋裂です。
妊娠中に喫煙をしていると生まれた子供の乳児期において、乳児突然死亡症候群の原因となる可能性があると言われています。
そして、このような子供は、また乳児期の肺機能が低下する事があります。下部の気道の病気にもなりやすく、子供のころばかりでなく大人になってからも呼吸機能の障害につながりやすい可能性があると言われています。
母親が喫煙する事による受動喫煙により乳幼児、小児期、思春期の子供に大きな影響を与えます。まず肺の成長が阻害される原因となり、肺機能低下が早く始まる原因となります。小児期や思春期の呼吸器症状(咳や痰やぜいぜい言う事や息切れ)が現れ、喘息症状を引き起こしやすくなります。